◇2018年ギャラリー展示◇



【終了しました】1月23日(火)~2月4日(日) 11:00〜19:00
帝銀事件 70 周年 故 平沢貞通画伯執念の獄中画展

このうち帝銀事件発生当日70年1月26日(金)は17:00までとし、
近くの文京区立不忍通りふれあい館にて記念集会開催

★平沢貞通さんが、戦前からの有名な画家であったことは広く知られているが、
獄中で執念の絵画を描き続けていたことは、帝銀の支援者のあいだ以外には
いまだ浸透していないと言える。
逮捕前の平沢さん(大暲)の絵は、北海道などの広大な風景画(テンペラ・水彩)
が多かった。獄中の平沢さん(光彩)は写生もままならないなかで、さまざまな
絵を描いている。今回の展覧会においては、「作風は変化した」をコンセプト
として、獄中の執念を感じさせる絵を展示する。
確定死刑囚としては異例なことだが、獄中の平沢さんに対して家族や支援者は
画材を差し入れて画業を支援した。1950年代後半から1980年代前半に制作され
たと思われる。だが鉄格子を描いた絵は宅下げを許されず、平沢さん獄中死のあと
遺族に渡された。そのなかには、鉄格子の内側に凛と咲く真っ赤な花が描かれた
『獄窓の花』があり、格子窓の外側に蹲る男とその近くに立つ赤子を抱く女を
描いた『うずくまる貞通』など、執念を感じさせる作品があった。
薄れゆく記憶を振り絞って描いたに違いない愛娘の顔を描いた『霞中娘』もある。
『猫怒る』『白い猫』は自己の感情を猫に仮託したものだ。

出展作品について 帝銀事件・獄中画展解説

2018年 1月26日(金) 18:00〜21:00
戦後冤罪史の原点 帝銀事件70周年記念集会
会場 :文京区立不忍通りふれあい館(文京区根津2-20-7) ※東京メトロ千代田線「根津」駅より徒歩約3分
主催 : 帝銀事件再審をめざす会
【プログラム】(司会:三角 忠)
○再審弁護団報告(20次再審請求の補充活動)
毒物関係:渡邉 良平 弁護士 / 「自白」関係:酒田 芳人 弁護士 ほか
○鑑定人の講演
犯人特定(似ている)目撃者の供述根拠は何か:原 聰 駿河台大学教授
ディスコミュニケーション論理による判決批判:山本 登志哉 ㈶発達支援研究所所長
帝銀事件の取調べ「検事聴取書」分析    :浜田 寿美男 奈良女子大名誉教授
○連帯挨拶 等


【終了しました】2月9日(金)〜2月11日(日)
第八回 書展 交叉点

☆加藤康久 望月俊邦 米川丈史
慶応義塾大学書道会のOB三人による展覧会です。
「我々とゆかりの方、書を愛する方、皆さんの行き交う場所「交叉点」となれば幸いです。」
2月 9日(金)14:00~19:00
2月10日(土)10:30~19:00
2月11日(日)10:30~16:00
※2月10日18時頃から会場にてささやかなパーティーを開催します(1時間程度)。
お気軽にお越しください。


【終了しました】3月6日(火)~3月11日(日) 11:00~19:00(最終日は17:00まで)
METAL ART STREET 2018ー工芸ー


☆多摩美術大学
今年で7回目となるメタルアートストリートは、多摩美術大学工芸学科の教職員・大学院生・卒業生と、現代に生きる金工家が一堂に会する展覧会です。

【出品者】
安藤泉 藤田政利 野口裕史 小林光男 関井一夫 山田瑞子 留守玲 梶原史嗣 鈴木泰三 芝田美樹
中村真由美 小山祥吾 田中幹 隈井純子 長谷川大佑 山崎裕治 長尾幸治 小宮貴裕 林ちひろ
神山晴香 佐藤なぎさ 佐野晶歩 平田美沙 細越ゆかり 栁澤清香 胡瀟月

【他同時開催ギャラリー】
○galleryKINGYO
〒113-0022
東京都文京区千駄木2-35-2
地下鉄千代田線「根津駅」一番出口徒歩7分

○White gallery
〒113-0022
東京都文京区千駄木2-49-10
地下鉄千代田線「根津・千駄木駅」徒歩7分


【終了しました】3月21日(水)~3月25日(日) 12:00~18:00(最終日は16:00まで)
「CLEARGRAPHIC 日々の仕事」

☆久利屋グラフィック 松村 宏
1978年に神田神保町の美学校でシルクスクリーンに手を染めてから40年。
1980年に久利屋グラフィックを設立して38年が過ぎました。
全てをお見せすることはできませんが、時々の記録を展示します。
プロフェッショナルな日々の仕事をご紹介します。
シルクスクリーンの魅力をご堪能ください。


【終了しました】月24日(火)~5月13日(日) 11:00~19:00(最終日17:00まで)
「風と空と水の物語2 藤田政利 展」 (画廊企画展)

☆藤田政利
3年ごとのギャラリーTENでの個展も4回目となり、エゾリス、レッサーパンダ、カワウソやカモノハシ、軽鴨が登場しました。
今回はイタチ系の「風の家族」が風と戯れ空を泳ぎます。またカワウソやラッコは水と遊び、水に映ります。
ご高覧、お楽しみいただければ幸いです。

☆4月28日(土) 17:00 -19:00 レセプション
5月7日(月)の休廊日以外は、全日作家在廊予定。
【作家略歴】
1977 東京藝術大学 美術学部卒業/安宅賞/第13回 現代日本美術展 群馬県立近代美術館賞
1979 東京藝術大学 美術学部大学院 美術研究科鍛金専攻修了/第14回 現代日本美術展 東京都美術館賞
1996 サントリー美術館大賞展 特別展 ’96佐治特別賞
2009 gallery TEN個展「風物語」
2012 gallery TEN個展「水辺物語」
2015 gallery TEN個展「風と水と空の物語」
2018 gallery TEN個展「風と空と水の物語2」
その他個展・グループ展多数


【終了しました】5月15日(火)~5月21日(月) 11:00~19:00(最終日17:00まで)
「雅・巧・花」 佐藤恵 個展


【終了しました】7月16日(月:祝) 10:00~16:00
「芸工展カフェ」


【終了しました】8月19日(日) 10:00~16:00
アトリエ太陽の子 夏休みアートワーク「縄文土器を創ろう」


【終了しました】8月20日(月) 10:00~14:00
「芸工展カフェ」


【終了しました】8月25日(土)~8月26日(日) 11:00~18:00
田沼重実 遺作展 ―Still Life 静謐な時間―

花、風景、身のまわりのものたちが、静かに色鮮やかに歌っている油絵。
ささやかな日々の暮らしの1コマ1コマを慈しむように精緻で優しい筆致で描いたスケッチ。
少女のころから紡ぎ続けた田沼重実の作品世界を、みなさまと共有したいと思います。

*入場無料(ご寄附は歓迎いたします。1口 500円)


★9/17(祝・月) 13:00~19:00(予定)
「芸工展2018 まちかど展覧会参加者交流会」


★10月6日(土)、7日(日) 11:00~17:00
芸工展2018 Handmade Gallery

様々なジャンルの作家が集う2日間だけの特別なギャラリーです。
是非、覗きにいらしてください♪


★10月9日(火)~14日(日) 11:00~19:00 ※13日、14日は11:00~17:00
PHASE 番外編4「Fゼロ号×5の宇宙」

「PHASE番外編」として本年は4回目を迎えます。
共通のテーマ・キーワードをもとに多様な作品群の表出と交流を高めてます。
本年のテーマ・キーワードは、「Fゼロ号×5の宇宙」。
Fゼロ号サイズの木製パネル5枚を共通の制作ベースとして15名の出品者が多様な内なる宇宙の表現を試みます!


    ★ 10月16日(火)〜10月21日(日) 全陶展

★10月23日(火)~28日(日) 12:00~18:00 ※28日は16:00まで
未来への視座 VF18「間:あいだ」

作品集「未来への視座」は今年刊行18年目を迎えました。
今年は「間:あいだ」をキーワードに、
参加42名がそれぞれの技法で制作した2作品、計84点を展示します。
お楽しみください。


   ★10月30日(火)〜11月4日(日) 鈴木紅映 日本画教室展-2018 趣味の日本画展

   ★12月4日(火)〜12月9日(日) ー工芸ー Lammin Joulu 2018
   ランミンヨウル=フィンランドのあたたかいクリスマスをテーマにしたフィンランドを愛する作家たちの作品展です。